UNIQLOに行ってみた!

どうも、れっどです。

デザイナーコラボのUNIQLO U。ナゼかTシャツだけ出ていたようなので、覗いてみました。

少し生地が厚めで普通のTシャツなのですが、カラーラインナップにネオンカラーが二色あります。完全にこれ目当てです。

実は今年のトレンドとして、ネオンカラーがあります。MBさんのブログに分かりやすく書いてあるので以下に貼っておきます。

2017年春夏トレンドである「ネオンカラーちょい足し」を理解しよう

Tシャツ単体だけだと使いにくかったりしますが、ジャケットといったドレスなアイテムと合わせると地味な感じが不食されて、オシャレに近づけるというわけです。

例えば、こんな感じです↓。


夏も終わりを迎えて、秋に向かっているのでこれから季節に重ね着とかで割と使っていこうかと思ってます。

ちなみにTシャツですが、オレンジが気になっていたので、試着して即買いちゃました。

↓Webの在庫見てみたら、結構売れちゃってますね。オレンジが無くなってますし、イエローはサイズが揃ってないですし(発売してすぐに購入しておいて良かったです)。

ユニクロの商品ページ

広告

テレビアニメなどの感想とか

どうも、れっどです。

今回は自分の考えを綴ろうと思います。

高校生あたりから深夜帯に放映されているアニメの存在を知り、気になったものを漁って観ています。

個人的な解釈だけど、Twitterやまとめサイト等の普及により、それらの意見や感想に左右されたり、語彙力が弱くなっているように感じています。

なので私は自分の感じた印象を大事にして、一個人の意見というか気持ち?を持てるようにしたいです。

そういった意味でブログやTwitterにアウトプットでしたいところです。

ついてでにどうゆう作品かだとか噛み砕いて分かりやすく説明できるようになりたいですね。

 

今回はお茶でしながらブログを書いたので、アイキャッチ画像がマグカップしました笑。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

どうも、れっどです。

何かと話題になっているアニメ映画、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を見てきました。

制作会社はまどかマギカや物語シリーズでおなじみのシャフト。シャフトは演出が「これ、シャフトっぽい」と思もうほどに特徴的なので「この映画は一般層向けだろうしどんな感じなのかな?」と興味がありました。

「もしも、あのときこうしていたら」といった感じで時間遡行する恋物語でした。厳密には世界改変とかそんな感じかもしれないですけど。

ネットでは酷評だと聞いていましたが、そんなことは面白い作品だと思いました。ただ、ちょっと理解しにくい部分あってよく分からないという人もいてもおかしくはないかと。

映画で出てきたもしも玉はグレンラガンで出てくる多元宇宙迷宮の願い玉版と理解しました。

「もし、たら、れば」とか言っていられず、素直になって生きていけということなのかなと映画を観終わって思いました。

最後は主人公はどうなったのかは語れないのでそれを語り合うのも面白そうです。

 

ps.なずなちゃんにホースで水をぶっかけられたいですね笑。

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR の行ってきた。

8月13日にさいたまスーパーアリーナ(通称SSA)であったアイドルマスターシンデレラガールズのライブの参加してきました。

アイドルマスターシンデレラガールズとは

アイドルマスターシンデレラガールズとは、ソーシャルゲームやスマホの音楽ゲームとか出している「アイドルをプロデュースするゲーム」ですね。

アイドルマスター シンデレラガールズ』(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)は、バンダイナムコエンターテインメント(旧バンダイナムコゲームス)とCygamesが開発・運営する『THE IDOLM@STER』の世界観をモチーフとする携帯端末専用のソーシャルゲーム。2011年11月28日からMobage上で提供されている。

2015年にテレビアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』が放映されたほか、同年9月から本作を題材にしたスマートフォン向けの音楽ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』がiOS・Android向けアプリとして配信されている[1]。2016年10月にはVRアイドルライブゲーム、『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』が発売された[2]

上記は以下URLのWikipediaよりに引用してきました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アイドルマスター_シンデレラガールズ

 

簡単な感想

このSSA自体に来るのは3年ぶりくらいで初めてアイマスライブに参加したのも実はこの場所であったりします。あのときは765、シンデレラ、ミリオンの合同ライブだったのですが、シンデレラだけで大っきな舞台でやれるようになったと思うと感慨深いものがあります。

ライブのセットリストはこちら

ライブは4時間ほどでした。

中盤からのメドレーパートでは演者の持ち歌を入れ替えたりして、同じ曲だけ違うパターンで聴けたりして盛り上がりましたが、自分の中で盛り上がったのが終盤ですかね。大体ラストスパートはしんみりした曲が多いのがアイマスライブの常套句というイメージなのですが、そんなことはなくてテンション上がる曲が連続できました。

特に「サマカニ」という曲が最高でした!以下に動画リンクあります。

 

終わりに

実はこのライブの前にコミックマーケット92に参加してきており、朝4時起きですでに体力を消耗している状態でしたが、意外といけました。アンコール後は声が出なかったですけど・・・

とにかく楽しかったです!

PS. アイキャッチ画像にも設定している駅の広告だけしか写真を撮っていなく、SSAの写真は全く撮らなかったのが心残りです・・・

スプラトゥーン2をやってみた。意外といける。

どうも、れっどです。

ようやく発売になったスプラトゥーン2。Nintendo Switchを買ったのはこれをやるため言っても過言ではなかったりします笑。割と楽しみにしていたタイトルです。

スプラトゥーンとはどういうゲームかというと・・・

インクを地面に塗り合うイカしたバトル

https://www.nintendo.co.jp/switch/aab6a/about/index.html

要はインクを塗り合ってどれだけインクを多く塗れるかといった内容です。引用元のURLで映像が流れているので、これを見てもらえば、分かりやすいと思います。

発売前にスプラトゥーン自体を体験できる機会があって、3月の試射会や発売1週間前の前夜祭をやりました。初心者だけあってうまく立ち回れず、相手に倒されるばかりでフラストレーションが溜まるばかりでした。

自分はこのゲームを楽しめるのだろうか。そんな疑問ありつつ、発売日を迎えました。

まずはインターネットを介した対戦ではなく、CPUと戦うモードをやろうとしたましたが、ゲームを始めてみるわけですが、ゲームを雰囲気としては「まずはネットで対戦して慣れてみよう」という感じで、「じゃあ、とりあえずやるか」ということでやってみました。

最初こそはうまくいかない感じでしたが、回数を重ねると慣れてきて、割とうまく立ち回れるようになってきました(慣れもあると思いますけど、上手いことゲームレベルが近い人同士でマッチングしているみたいです)。

どうやら、ゲーム実況者さんが言っていた「数日やったら慣れるから」ということは本当だったみたいです。

DGEeLveUIAADeHr.jpg-large.jpeg

スプラトゥーン自体はWii U版のE3(毎年6月にロサンゼルスであるゲームショーのこと)での発表されたときから知っていて、任天堂から面白そうなゲームが出そうだなという印象だったのですが、ここまで話題になるとは思ってもいなかったですね。

「マンガで分かる超心理学入門」を読んでみた

どうも、れっどです。

最近、心理学のマンガを読みました。

ゆうきゆうさんが監修しているマンガです。ゆうきゆうさんと言えば「マンガで分かる心療内科」シリーズでおなじみですがそれとは別物。

新入社員であるくるみがユウ講師から心理学を学びつつ、日々の悩みを解決していくといったそんな感じの物語。

内容としては以下のようになっております。

【目次】

第1章 日常で使える心理学1

第2章 日常で使える心理学2

第3章 友人関係の心理学

第4章 対人関係の心理学

第5章 仕事の心理学

第6章 ビジネス心理学

第7章 恋心がわかる心理学

第8章 恋愛がうまくいく心理学

第9章 自分を変える心理学

第10章 自分を高める心理学

人間関係からビジネス、恋愛など心理学の内容は幅広い感じです。ざっくり言うと人間関係よりに感じました。マンガもストーリー仕立てになっていて共感をしやすく分かりやすかったです。

例えば、「最近一緒に仕事をした人に突然告白されたのだけど、この人の心理とは一体?」とかそんな話があったり、「叱り方のマナー」なんてものもあり面白いかったです。

心理学に興味がある人はもちろん、新入社員やこれから新しい環境に飛び込む人などにオススメの本です。

PS. 発売して早々に続刊が決まったみたいですね。どうなるだろう?

スプラトゥーン2、予約しました。

どうも、れっどです。

先日の5月18日にあったニンテンドーダイレクトでNitendo Switch用ソフトのスプラトゥーン2関連アイテム発表とともにソフトも予約が開始されましたね。

気になったのが、今までがカードリッジのソフト版、ダウンロード版の二つだったのに、気になったのがゲームカードフリー版というの出たことです。

通常のソフト版のパッケージにソフトのダウンロードができるシリアルコードが入っているといった感じのようです。ダウンロード版は何か形あるものはなく、何か味気なさをこれで解消できるというわけですね。

購入できるのは任天堂直販サイトのマイニンテンドーストアのみですけどね。

ダウンロード版だとソフト入れ替えがなくプレイできるし、どちらかといえば読み込み速度も速いわけでだう実用性が高いと思います。ゲームカードフリー版のおかげで今までダウンロード版を敬遠していた人もこちらを選ぶ人が増えそうな気がします。

自分はもちろんゲームカードフリー版を予約しましたね。

ではでは。

ファミマ×ライザップコラボのバームクーヘンが美味しい

どうも、れっどです。

糖質をおさえたスイーツをちょこちょこ食べているのですが、良さげなものがあったので書いていきたいと思います。

糖質をおさえたスイーツはそこそこあって、ローソンのパンでブランシリーズとかが結構有名な感じがします。ただこれって、結局、普通のパンとはちょっと味とかが違う。味はやっぱり普通のパンが食べたくなるような。決してマズイということではなくて。

この画像にあるバウムクーヘンはちょっと前から始まってファミマとライザップのコラボ商品。気になっていたけど、完全にスルーしてました。

このバウムクーヘンは自分が食べた感じでは味には遜色なくて、何も言われなければ、普通の美味しいバウムクーヘンとして食べてしまうと思います。

しかも糖質は低い。血糖値を上げた言われているエリスリトールが使われるのがポイントみたいです。本気で糖質制限している人にとってはこれでも高いとは思いますが・・・普通の菓子パンを食べるよりはマシだろうということで。

 

それでは。

MacBook 12インチモデルに惹かれる

どうも、れっどです。

定期的に欲しくなるMacBook 12インチモデルへの思いを書き殴りたくなっていこうかと。

MacBook 12インチモデルは2015年に出たMacBook Airを凌ぐ超薄型のノートパソコンです。

なんといってもどこにでも持っていけるあの小ささと薄さに惹かれます。確か重さは1Kgを切っているのですよね。荷物になりにくいそうだし。

確かにスペックが低いとか問題があると思うけど、自分が使うと考えたとき、移動が多くて、家にいないことが多いわけでもないし、わざわざ外でPCのスペックが必要となることをやらないと思うので、そこはあまり気にしなくてもよいでのはと思ってます(スペックはあるには越したことはないとけど)。

キーボードはUS配列にしたいですね。デスクトップパソコンがUS配列のキーボード使ってこともあり、統一したいという思いがあります。あと見た目がカッコいいじゃないですか笑。

おそらく、使用用途はブラウジングまたは、ブログ、プログラミングを書くといったキーボード入力を駆使することが多いと思います。

家のデスクトップでやっていた作業はノートで引き継いでやってみたいな感じが自分の理想なのかもしれません。

ここまで書いて思いましたが、デスクトップパソコンやハイスペックノートパソコンを持っている人ならすごく魅力に思えるものなのかと思ってきましたね。
ここまで読んでくれてありがとうございました。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

どうも、絶賛ゼルダプレイ中のれっどです。

心踊らせてNintendo Switchを購入しましたが、同時発売のソフトにはほぼ興味はなく、後に出るソフトを購入しようと考えていました。まあ、買うとしたら、ゼルダかなという感じで。

Twitter等のネットの情報を見ていたらいても立っていられず、ダウンロード版を購入しちゃいました。

シリーズ初めてのオープンワールドなゼルダだけあって、新鮮なところもあり面白いです。

ゼルダは初代、時のオカリナ、ムジュラの仮面、風のタクト、スカイウォードソードをプレイしてきてきていますが、大きく違う点は「広大なマップ」、「ストーリーの道筋が一つではない」という点ですかね。本当に何をでもやってもいい。例えば、メインストーリーを無視してマスターソードを取りに行くとか、序盤でラスボスに向かって行ったりとか。

上記で言ったとおり、いろいろなゼルダをプレイしてきていますが、いずれもゲームクリアまで至っていません。しかし、今回のエンディングが迎えられそうな気がしています。

他には、おそらくボスの倒し方であったり、ストーリー進め方が違うだろうから、友人とか他のプレイヤーと話してみると、いろいろ話題が広がって、会話に尽きることはなく割と盛り上がりそうな気がします。

買って後悔はしないと言えるくらい面白いゲームだと思います。

ただ、時間が吸われると思うレベルでハマると思うので注意です笑。

そう簡単にはやり尽くせないくらいボリュームがあるので、長ーく遊べるのでないかと。